過払い最新情報を検索

最新記事

★ アイフル答弁書全文 公開中 ★

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中 !
↓クリックで応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへ

過払い金請求 実況日記トップページへ

第二回口頭弁論 vs アイフル (社員登場)

2009年08月24日 04:24

こんにちは。
皆さん、過払い金請求順調ですか?
今回はアイフル訴訟の第二回口頭弁論を報告します。

第二回口頭弁論にのぞむに際し、第一口頭弁論の後
アイフルから届いた、ぶ厚い答弁書に対しては、
偉大な先人達のブログや2ちゃんねる等を参考にした
第一準備書面を何とかこしらえて、
第二回口頭弁論の1週間前に裁判所に提出しておきました。

アイフルのテンプレ答弁書に対し、
こちらも先人方のコピペ答弁書という、
原告、被告共に、お互い主体性があるのか無いのかよくわからない
状態での第二幕スタートです。

で、肝心の第二回口頭弁論ですが、
当日は前回のように5分前に入廷しました。
いつものように出欠票に記入しようとしたところで、
今回はなんと被告部分に名前がありました・・・。

ついにアイフル社員の登場です。

思わず緊張が走り、周りを見渡す、私。

「こいつか? こいつか? いや、こいつか?」 と
周りのおっさんどもに片っ端からガンを飛ばすも、
「なんだよー、俺たち疲れてんだよー、やめろよー」的に
みんなうつむいております。

おっさん達の無言の抵抗に、私も、はやる心を抑えひとまず着席。
しばらく他の事件をぼんやりながめていました。

そして、そこから待つこと30分程でついに私の名前が呼ばれました。

今回は間違えずに原告席に着席します。
(前回は間違って被告席に座っちゃいました)

アイフル社員は、
見た感じ30代中盤の脂の乗ったビジネスマン風の輩。

お互い一度も目を合わせることなく着席。

すると裁判官が
「えーと、被告から和解案が出てますが原告どうしますか?」
と尋ねてきました。

私 「あ、そうなんですか? 多分和解できないと思いますけど。」

裁 「まあ、一応聞いてみれば? それと原告は法定利率一律15%の
      主張してるけど、これは絶対譲る気ないの? 普通は残高に応じて
      利率変えると思うけど。」

きたーっ!  やっぱ無理なのか?!

契約極度額で制限利率を適用するのは無理なのか?!
(詳しくは「利息制限法の元本は契約極度額か? vs アイフル」 参照)

と思わず焦りましたが、とりあえず以下のように主張しときました。

私 「普通って言われても、何が普通かわかりませんが・・・まあ私の
     考え方と主張なのでそこも含め判決欲しいんです。」

裁 「・・・まあ、それは確かにそうですね。 で、和解案聞く?」

私 「じゃあ、一応聞いてみます」

といった感じで、とりあえずアイフルの和解案を聞いてみる展開に。


と、ここまで書いたのですが
今回の記事は長くなりそうなので、続きは次回にします。
すいません。ちょっとだけお待ちください。

でも、裁判官の口ぶりだとやっぱり利息一律15%は厳しいかも、とほほ。







ブログランキング参加中 !
↓クリックで応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへ

過払い金請求 実況日記トップページへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://muromachi02.blog68.fc2.com/tb.php/51-bdd9228f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。