過払い最新情報を検索

最新記事

★ アイフル答弁書全文 公開中 ★

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中 !
↓クリックで応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへ

過払い金請求 実況日記トップページへ

「すぐに行動できないアナタ」の3つの悪い癖

2011年06月13日 21:01

なぜアナタはすぐに行動できないのか?

正直に言うと、アナタ=自分 の事なんですが・・・。
そう私は「グズ」なんです。

どれくらいかと言うと2009年の秋に判決が出たアイフルへの裁判費用の請求すらまだ行なっていないぐらいの正真正銘の「グズ」なんである。

なんつーか、とにかく腰が重い。(グズ)
そして腰が悪い。(ヘルニア)

行動の先にあるいろんな作業を考えると「あーめんどくせーやりたくねぇー」ってなっちゃうんです。

しかし、「これじゃいかん!」ということで、
今回はついついやるべき事を後ろ倒しにしちゃうそんなワタシやアナタが陥りがちな悪い癖を3つにまとめてみた。

仕事をさぼりつつ書いたので、ひまなら是非読んでいただきたい。


1.すぐに「時間がない」と言う、またはそう考える

はい!ワタシです。
そうなんです。すぐそうやって言い訳するんです。
そんなんだから「時間がある時にやろっ」とか言ってそのまんま放置してしまう。

あのね、大体ねぇ、人間はオバマ大統領だろうがその辺のバイトのお兄ちゃんだろうが
誰もが等しく1日24時間しか無い訳です。

足りないと言えば、みんな足りない。

そんな状況の中で、グズっ子の私は何とか不足した時間を捻出しようとする。

これがどうも根本的に間違っているようだ。

「時間がない!」のでは無く、「さて、どう時間を使ってやろうか」をまずもって考えるべきなんですね。

だって、1日25時間に出来ないもの。

寝る間を惜しむとか、飯も食わずにとか、そういう根本的なとこ削るぐらいなら
「いかに限られた時間で効率よくこなすか」を考えるべきです。

要はその為の方法論にアタマを使いましょう。


2. 無駄に完璧を求めがち

「せっかく重い腰を上げるんだから、完璧に成し遂げたい」
「もちろんミスなんて許されない。」

まさか、こんな風に思っていませんか?
そんな、アナタは既にに泥土にはまっています。

完璧を目指すのって時間かかります。
そして1日24時間のアナタにそんなまとまったまとまった時間は確保できない。
それに気付いたアナタはうんざりして物事を先送りしてしまう。
結果、行動出来ない・・・。

粗削りでもいいから、とりあえず動く事が大事なんですね。

「質」なんてものはわりかし後からついてくるものなんである。


3.自分の時間やリソースが見積もれない


なぜ、時間が足りなくなるのか。
それは時間や作業の見積もりがチト甘いからでは?

自分の作業や時間をスケジューリングする場合大抵物事が問題なく進んだ場合を想定しがちです。
ところがどっこい、そうは問屋が卸さないのこの世の中。

「ミスる」
「邪魔が入る」
「急な仕事を上司に振られる」

などなどの何かしらの障害が発生する事を予め想定して、自分のスケジュールに入れ込んでおく事も大事です。
そうする事で「時間がたりねーっ!!」って事を防げ、心に余裕が生まれますね。


以上、借金返済や過払い金請求にも応用可能なこれらポイント。
まずは自分自身、身をもって実践していきたいものです。


よっしゃ、明日からがんばるぜい。





ブログランキング参加中 !
↓クリックで応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへ

過払い金請求 実況日記トップページへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://muromachi02.blog68.fc2.com/tb.php/97-2e6eefed
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【「すぐに行動できないアナタ」の3つの悪い癖】

    なぜアナタはすぐに行動できないのか?正直に言うと、アナタ=自分 の事なんですが・・・。そう私は「グズ」なんです。どれくらいかと言うと2009年の秋に判決が出たアイフルへの裁判費用の請求すらまだ行なっていないぐらいの正真正銘の「グズ」なんである。なんつーか、と?...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。